色の検定試験って?

カラー検定にはいくつかの種類があり、主催している団体によって、名称も資格も異なります。公益社団法人 色彩検定協会(略称 A・F・T)による「文部科学省後援 色彩検定®や東京商工会議所による「カラーコーディネーター検定試験®」などがあり、どなたでも受験することができます。難易度も各検定・各級さまざまですので、ホームページなどで確認することをお勧めします。

一般社団法人 日本カラーコーディネーター協会(通称:J-color)が主催する「色彩活用ライフケアカラー検定」と「色彩活用パーソナルカラー検定」は新しいカラーの検定として注目されています。資格を取っても、それを活かせなければ何にもなりません。J-color検定は 誰もが楽しく色の使い方を学べることを目的としています。

カラーの資格の活用法

「ライフケアカラー検定」は日常生活(衣食住)に役立つ実践的なカラーの検定、社会福祉にも役立つカラーの検定として、主婦や学生に人気です。

drape.jpg

また「色彩活用パーソナルカラー検定」は似合う色のしくみを知ることで、生活の中で、またビジネスの場で役立てることができる検定として、そのニーズは高まっています。ファッション、メイク、ヘアカラー、ブライダル、フラワー、インテリアなど、様々な分野でパーソナルカラーを活用することが可能ですから、就職・転職の際にアピールできる資格だと言えるでしょう。

あなたに合った検定は?

先にご案内した「色彩検定」や「カラーコーディネーター検定」は少し難しそうだと思われる方や、もっと手軽にもっと身近なカラーの勉強をしたいとお考えの方は、まずはこの2つのJ-color検定からチャレンジしてみてください。楽しく便利な色の活用術を身につけて 資格もゲットできる、そんなカラー初心者にうれしい検定です。

 eyes0535.jpg eyes0511.jpg eyes0539.jpg 

ライフケアカラー検定 対策講座はこちら

    ◆パーソナルカラー検定 対策講座はこちら

AFT色彩検定 対策講座はこちら