エヌアズユーエヌアズユー

2012年10月 【Halloween】

エヌアズユーエヌアズユーエヌアズユー


近年ハロウィーンにちなんだイベントも多くなり、ご家庭でも玄関先やお部屋を飾っていることが珍しくなくなりました。
日本でも定番の行事として受け入れられているように感じます。

東京ディズニーリゾートはその最たる例で、『ディズニー・ハロウィーン』は年々イベントの規模が拡大しており、今や『ディズニー・クリスマス』に匹敵するスペシャルイベントとなっています。
今年の開催期間は9/7〜10/31。ディズニーランドでハロウィーンのイベントが始まった1997年は10/31の1日限りだったと言いますから、当時の日本での認知度はまだまだ低かったことがわかりますね。

それから15年…すっかり市民権を得たかのようなハロウィーンですが、「ハロウィーンって何の日?」と聞かれると答えに困る人も多いのではないでしょうか。
でも「ハロウィーンカラーって何色?」という質問には、ほとんどの人が「オレンジ・黒・紫」を含めた答えをすることでしょう。
「ハロウィーンカラー」はしっかり市民権を得ているようです。

ハロウィーンとは、紀元前から伝わるケルト人の行なう宗教行事(秋の収穫を祝い悪霊を追い出す祭り)がキリスト教に取り入れられたもので、11月1日の『万聖節(すべての聖人を記念する日)』の前夜祭として10月31日に行なわれています。
難しいこと言わずに「子供たちが仮装して楽しくお菓子をおねだりする日」でもいいと思いますが、その由来がかわいらしいイラストと共にわかりやすく描かれている絵本がありますので、小さなお子さんにぜひお薦めします。
それが写真の『ハロウィーンって なぁに?』(作:クリステル・デモワノー/訳:中島さおり)
大人も納得の楽しいハロウィーン絵本です。
この時期、大型書店ではハロウィーンコーナーを設けているところもありますが、翻訳されていない英語の絵本が多く、残念ながら日本語のものはわずかです。
飾り付けや仮装用のハロウィーングッズのように品数豊富でどこでも手に入るものではないかもしれませんが、オンライン書店で入手可能です。
まずはお近くの図書館で探してみてもいいでしょう。

さて、この絵本からも「ハロウィンカラー」は読み取れそうです。
「オレンジ」収穫・かぼちゃ(ジャックオーランタンはハロウィーンのシンボル)
「黒」暗闇・悪霊・コウモリ(怖ろしく不気味なイメージ
「紫」夜・魔女・妖怪(妖しいイメージ)

ディズニーランドやディズニーシーで盛り上がるもよし、地元のイベントに参加するもよし、お家で楽しむもよし…\(^o^)/
Trick or Treat !
Happy Halloween !
(2012/10/25)